ミノキシジルの種類

頭を押さえる男性

ミノキシジルは、発毛、育毛成分があるとされている薬剤で、大きくわけて、飲むタイプの内服薬と、塗るタイプの外用薬があります。内服薬はミノキシジルタブレット、外用薬は日本ではリアップ、海外ではロゲインなどが有名です。

外用薬

外用薬は成分がどれくらい含有されているかによって、何種類かにわかれています。刺激がある場合があるので、少ないものからの利用が勧められています。リアップは5%で、最も多いのは海外で販売されているポラリスで、15%含有されています。リアップは日本の薬局などでも購入でき、医師の処方が必要はなく、安全性は高いと言えますが、含有量が少ない為、効果はあまり期待できないとも言われています。

外用薬は、塗るのが手間であったり、塗りムラができてしまったり、ベタついたり帽子をかぶりにくくなってしまうなどのデメリットがありました。また皮膚にはバリアがあり、これが妨げとなってしまって吸収率が悪くなってしまうという面もあります。さらに肌が敏感な方はかぶれてしまったりする副作用もありました。

内服薬

スプーンに錠剤

一方、内服薬は、服用するだけで飲む手間もかからず、塗りムラなどもありません。帽子なども気にせずにかぶれます。外用薬はローションやフォーム状にした上で頭皮の発毛したい部分に直接塗りますが、毛包という発毛に大きく関わる部分まで薬剤が届きにくいのが欠点です。

内服薬の場合、有効成分が全身の血流と共に流れ、頭皮の隅々にまで行き渡る事になるので、効果は圧倒的に内服薬の方が高いです。
ただし、その分、副作用などは内服薬の方が強く出てしまう事もあります。また、病気や服用薬によっては服用出来ない場合もありますので、服用する前によく注意する必要があります。

ブラッシングをする男性

なお、発毛効果により、頭髪以外の体の毛も濃くなります。頭髪が増えるなら体毛は気にしない、という方も多そうですが、どうしても体毛は濃くしたくないという方は、外用薬の方がお勧めです。