プロペシアジェネリックのフィンペシア

頭を押さえる男性

プロペシアは日本では市販されていないため、病院で処方してもらう事になります。それ以外には個人輸入代行業者を利用すれば安く購入できますが、日本では販売されていないプロペシアジェネリックのフィンペシアなら、さらに安く購入する事ができます。

プロペシアを病院で処方してもらうと1ヵ月7000円から8000円となり、個人輸入代行業者を利用すると5500円前後になります。ジェネリックのフィンペシアという薬なら、1ヵ月1400円前後と、大幅に安く購入する事ができます。

ジェネリックとは?

新薬の開発には、莫大な年月と数億円という費用がかかります。先発薬は20年程度特許で守られ、他の製薬会社は同じ薬を販売する事ができません。ジェネリックとは後発薬の事で、先発薬が販売されて特許が切れた後に他の製薬会社から販売される薬です。もともとある薬なので開発費や時間をあまりかけずに販売できる為、先発薬の約2割から7割の価格で販売する事ができます。

葉っぱの上の錠剤

成分や効果、副作用は先発薬と同じで、形、味、添加物などは変えてもいい為、飲みやすく改良されている場合もあります。また安全性については国の厳しい審査を受けなければいけないので、安全性についても保障されています。

多くの国ではこのような制度になっていますが、インドは薬事法が異なる為、まだ特許の切れていないジェネリックも販売されています。インドの薬の品質はトップクラスと言われていて、先発薬とほぼ同じ効果があり、世界中で大変人気になっています。国境なき医師団でも利用されていて、インドの薬がなければ、活動ができなくなってしまうと言われています。

購入方法

ハゲ頭

ただし日本では購入する事ができません。このような薬を購入する場合は、個人輸入代行業者から購入しましょう。病院に行く手間も時間も必要なく、また、誰にも知られずにいつでもどこでも購入できるので、近年大変人気になっています。ですので、少しでも安く購入したいという方には、ジェネリックをお勧めします。特にプロペシアは半年から1年の服用で効果が出ますので、長期で服用される場合は特に安い薬の方がいいのではないでしょうか。