病院での薄毛治療

医者の診断

病院で薄毛治療をしてもらう場合、大きくわけてふたつの方法があります。ひとつは治療薬の服用や外用薬を頭皮に塗布する方法、もう一つは施術を行う方法です。まず施術の方法から見ていきます。

メソセラピー

有効成分を直接頭皮に注射します。直接頭皮に注入するので、内服薬や外用薬に比べ、効果が高いとされています。病院によっては痛みがあります。1回15000円から30000円で、1ヵ月ごとに受け、半年から数ヵ月続ける必要があります。

HARG療法

こちらも直接頭皮に注射しますが、「細胞成長因子」と呼ばれる成分がメインになります。再生医療の一種で、活動の低下した毛母細胞を再び元気にする効果があります。近年よく使われる方法で、女性にも施術可能です。価格は範囲によってことなり、1回につき10000円から150000円で、3回や6回コースという形になります。

自毛植毛

髪の毛をかきあげる女性

毛髪の移植手術になります。発毛サイクルが正常な部分の毛を毛皮ごと採取して、薄毛になっている部分に植え付けます。一度定着すれば再発するリスクは低いとされています。自分のものなので拒否反応などもなく、自然な仕上がりになります。価格は範囲によって異なり、60万円から数百万円です。

以上の施術は、結果は個人差があり、効果があったという方もいれば、全くなかった、むしろ悪化してしまったという方もいます。また、保険が適用されない為、上記のように価格も高く、何度か通う必要があります。治療する範囲が広ければ広いほど価格も高くなり、経済的な負担はかなり大きくなってしまいます。

外用薬や服用薬

色々な錠剤

最近はプロペシアミノキシジルの服用が主流になっています。ミノキジシルには外用薬もありますが、内服薬の方が効果が高いとされています。臨床試験でも高い効果が証明されている医薬品です。病院で処方してもらうことになりますが、通販で購入すると病院よりも安くなります。ただし、病気や服用薬などがあり、服用に不安のある方は、事前に医師に相談するようにしましょう。