プロペシアとミノキシジル相乗効果

頭を押さえる男性

プロペシアミノキシジルは、どちらも現在最も薄毛に効果のあるとされている治療薬ですが、一見同じように見えますが、作用は異なります。ですので、進行している方は、両方を併用する事で、さらなる効果を期待できます。実際、AGAのクリニックなどではこの2つを処方しているところが多く、AGAに対して最強の組み合わせと言われています。

まず、このふたつの違いを見ていくと、プロペシアは薄毛の原因である男性ホルモンを抑制する効果があり、脱毛を抑える作用があります。
一方、ミノキシジルは血行を促進し、髪の栄養を根元まで届けてくきやすくしてくれるという働きがあります。プロペシアは「脱毛のブレーキ」で、ミノキシジルは「発毛のアクセル」という事になり、相乗効果があって、お互いの足りない部分を補い合える形になります。

作用機序においてこのふたつは喧嘩をしないため、どちらかの効果を弱めたり、強め過ぎたりする危険がありません。実際、ふたつを服用してより早い効果が得られたという声も多い方法です。セットで販売されていてもおかしくないほど併用効果があります。早く、確実に毛を増やしたいという方は、この二つの利用が最も近道で手間もかからず、HARG療法などに比べて費用も格段に安く済みます。

人差し指を立てる医者

注意すべき点は、ふたつの薬を服用する事になるので、人によっては副作用が強く出てしまう危険があるという事です。ただし、どちらも副作用は少ないとされている薬です。気になる方は医師に相談してみましょう。また、プロペシアは女性は未成年の服用は禁止されているので、気をつけるようにしましょう。特に妊娠している女性は、触れるのも禁止されています。女性や未成年と一緒に住んでいる場合は、取り扱いにはくれぐれも気をつける必要があります。

薄毛対策は少しでも早くするにこしたことはありません。進行してしまえばしまうほど、髪の毛をもとに戻すのは大変になってしまいます。数年後に後悔しない為にも、最も効果のある方法で対策をしましょう。