育毛実感!薄毛防止のお助け隊

毛が育つ実感!プロペシアとミノキシジルで薄毛防止のお助け隊

2つの有効性分

プロペシア 薄毛治療には有効とされている成分が2つあると言われ、医学的にもその効果は証明されており長期の服用によって発毛効果や育毛効果を期待することができます。
1つは市販の指定医薬品にも配合されているミノキシジルという成分で、この成分は育毛促進効果がありドラッグストアなどで売られているのはリアップという製品になります。
ミノキシジルは血圧を下げるために開発された成分であり、副作用に多毛症の症状がみられ全身の毛が濃くなるという副作用から転用されてAGAの治療に使用されています。
頭皮に直接塗布することによって頭皮内の毛細血管を活性化させ毛髪に栄養を補給することで髪がコシのある太い髪へと成長さっせることができ、抜け落ちてしまった毛穴からも再び髪を生やすことも期待できるため非常に有効的な成分になります。
内服薬もあり、体内から成分を取り込むことでより高い効果を期待できると言われています。
そしてもう1つの成分がフィナステリドという成分になります。
この成分が配合されているプロペシアは残念ながら市販で購入することはできないため、クリニックなどの専門機関にいき処方してもらう必要があり、保険が適応にならないので薬価も高く、長期服用にあたってはそれなりに金銭的の負担が大きくなります。
プロペシアとは、AGAの原因となっている男性ホルモンがつくられるのを阻害する働きがあり、阻害することで脱毛症の症状を抑えることができるようになり、頭皮の発毛環境を整えてくれる薬になります。
髪を増やす効果はあまりありませんが、AGAの原因物質の働きを阻害することができるので、AGAの根本的な治療に適しています。
1錠あたりが300円前後となり、一度の処方されるのは28日分の28錠になり、だいたい7000~8000円ほど1ヶ月にかかります。
半年から1年の服用を必要とするため、単純に12ヶ月で80000円ほどの費用が必要になるため、安価で抑えたい方はジェネリック医薬品であるフィンペシアも同様のフィナステリドを有効性分としているので薄毛治療のコストカットを考えている方にはフィンペシアがお勧めです。